便秘対策として1日2リットル程度の水を飲んでいるという女性も多いかもしれません。
実際、水分補給をしっかりしなければ、便は固くなり、次第に出にくくなってしまいます。

便をスムーズに出すためにも腸内では水分がしっかり残っている必要があります。
また便そのものにボリュームがあることも必須です。

バランスの良い食事を心がけていても、水分が足りないと便秘になるのです。
そんな水分たっぷり摂取の便秘対策は、痔にも効果的だと言われています。

便秘は痔の原因とも言われていますから、便秘が改善すると痔の症状も改善します。
慢性化している便秘の場合は、長期的な視点で便秘解消を目指しましょう。

ではどのような水分補給をすれば効果的なのでしょうか。
まず1日1,5リットルから2リットル程度の水分を補給しましょう。
注意したいのは、コーヒーや緑茶などは水分には含まれないと言うことです。

1日何杯もコーヒーを飲むから水分はとれている、というような人も、実はそれは全くのでたらめで、水分補給は必ず水で行うのが良いでしょう。
カフェインを摂取すると利尿作用によってせっかくの水分が排出されますから、ノンカフェイン飲料やハーブティーなどがオススメです。

また水分をいつ摂ればよいかと言うと、朝の水分補給が最もよいと言われています。
体がまだ眠っているうちに体全体に水の刺激が届き、腸が活発に活動を始めます。
そのためぜんどう運動が起こり、便意をもよおすことになります。

またこまめに水分は補給しましょう。
一度に大量の水を摂取してもトイレで流れてしまうので、コップ1杯くらいの水を1日に何回かに分けて飲むことで効果的な水分補給が出来ます。

ではどのようなドリンクで水分を補給すればよいのでしょうか?まずオススメは水です。
嗜好品で言えば、カフェインレスのハーブティーなどもオススメです。
炭酸水でもよく、便秘解消に効果が期待できますし、スパークリングミネラルウォーターはさらに便秘に効果的です。

牛乳も良いでしょう、そして麦茶も水を飲むのが苦手という人は選択肢の1つとしてあげられます。
色々な水分補給方法がありますが、自分が続けられる水分補給の仕方をしましょう。

またオフィスでデスクワークをしている時でも、少しずつペットボトルの水を飲むようにしてこまめに水分補給しましょう。
便秘対策として水分をたくさん飲んでいるという女性は、自然と痔の対策も出来ているということになります。

痔持ちの女性は、まずは便秘を治すように水分補給の仕方を考え直す必要があります。