痔になるには色々なケースがありますが、便秘をすると水分が便にとられてしまい、便がさらに硬くなり、いきむことで痔になると言われていますが、妊娠中も痔になりやすいと言えます。

それは子宮が大きくなり腸を圧迫することによって直腸の血流が悪くなり、校門付近がうっ血しやすくなって痔になってしまうというものです。

もともと痔を持っている女性が妊娠した場合、妊娠中にはどんなことを心がけると良いのでしょうか?妊娠中は骨盤内のうっ血が強まりますから、肛門に圧力がかかるのは仕方のないことです。対策は、便秘をしないということ唯一これだけです。

妊娠中にもし痔の症状を起こしてしまったら、出血やイボ痔が飛び出したらまずはクリニックを受診し、治療を受けるようにします。

便秘をしないことが一番なので、妊娠中には食生活もしっかり考えて摂るようにしましょう。野菜をたっぷり食べたり、適度な運動をすることもオススメです。医師がストップしなければウォーキングくらいの運動は行っておきましょう。

つわりで食欲がない場合は、水分をしっかり摂ってヨーグルトなどで乳酸菌を摂り、腸内環境を整える必要があります。

もし便秘薬を使う必要が出てきたら、必ず産婦人科医の医師に相談してから使用することを決めましょう。婦人科でも飲み薬として便秘薬を出してくれるところもありますから、まずはそれから試してみても良いです。

酸化マグネシウムというものが処方されますが、これで排便出来るのであればそうしたほうがベターかもしれません。それでも出ない場合は下剤に頼ることになりますが、相談は必須です。

下剤によっては流産の可能性が高くなる場合もありますから、薬の扱いに関しては医師の指示に従うようにすると良いでしょう。

自分でも気づかないうちにイボ痔にはなっていることが多いので、自己申告するのが遅くなる可能性はあります。

しかし痔になってしまったと気付いたら、すぐに産婦人科の医師に相談することをオススメします。

切れ痔なのか、イボ痔なのか、痔ろうなのかで対策も変わってきますから、妊娠中は痔にならないように気を付けておく必要があります。

冷えない程度の常温の水分をたくさん摂り、野菜や果物で食物繊維を豊富に摂っておくことによって便秘の改善を見込むことが出来ますから、食生活は妊娠中は特に気を付ける必要があります。

また適度な運動も便秘予防になりますから、つづけられる軽い運動を摂りいれることも必要です。