女性の痔が増える季節というものがあります。

そんな季節で増える病気なのか?と疑問に思う人も多いですが、実は冷え性の人ほど痔になりやすいと言われています。そのため、夏が最も痔が悪化する季節だと言われています。

今やオフィスでエアコンが効いていないことはなく、自宅でもエアコンで冷え性の女性は手足が冷えることになります。

ミニスカートなどを履くことによってもう門周辺の血流が悪くなり、痔になりやすいと言えるのです。

また冷たいドリンクを飲み過ぎることによって身体を冷やすことになりますから注意が必要です。

また冷たいものが食事でも欲しくなりますが、冷たいものを食べ続けると下痢になります。下痢の場合、肛門にダメージが加わります。

服装でも冷える女性の体は冷えを招きますから、暑いからといって冷たいものを摂りすぎて下痢になってしまうことも避けたいものです。

下痢をするとどうしてもトイレタイムが長くなりますから、催す傾向があってもなかなか出ない下痢の場合は肛門周辺の血流が悪くなっている可能性があります。

夏は露出しすぎないこと、そして冷えを改善することが必要です。イボ痔などは特に便秘の女性に多く、夏で冷たいドリンクを飲んでも便秘が改善しない場合、やはりトイレタイムで力むことになりますのでどうしても痔になりやすいのです。

ただ、季節問わずなりやすいとも言われていますし、冬にうっ血してイボ痔になるとも言われています。

多く痔を発祥する季節は夏だと言われており、その原因は冷えだと分かっていますが注意ポイントとして身体を冷えから守るようにすると良いでしょう。オフィスでエアコンが効いている場合、エアコンの風が直接あたらないようにする、ひざかけやストールで下半身を温めるなどが効果的です。

体の冷やし過ぎによって痔が起こるので、夏は痔を発症しやすい季節となります。ストレス、過労も痔の原因になりますから、冷たいオフィスでストレスを抱えていると免疫力が低下して痔になる女性が多くなります。

シャワーだけで過ごす夏のバスタイムも、しっかり湯船につかることで痔を防ぐことが出来ます。半身浴などを夏はとりいれて、体を芯から温めるようにしましょう。夏だから汗をかいてひんやりしたいという人も多いですが、やはり痔を思うのであれば身体を温める必要があります。湯船につかることは1年中行うようにしましょう。

冬場だけでなく、夏場もしっかり湯船に浸かって冷えた体を温めるようにしましょう。