痔は今では日帰り手術が可能な分野の病気になっています。

特にクリニック、肛門科に通う女性は心苦しいでしょうから、日帰り手術で楽に治したいものです。

ですから日帰り手術は痔に悩む女性には大変オススメです。

日帰り手術とは痔の場合、そのまま手術した当日に自宅に帰れる手術のことです。手術なので、入院の上で受けられる快適さはないものの、仕事を簡単に休めないなどの理由で痔の日帰り手術は人気を集めています。

少々の痛みは我慢すればよいので、他人にバレないように仕事を休まず治療したい人にはオススメです。

そんなことから若い人を中心に痔の日帰り手術は行われていますが、具体的には外痔は出血のリスクもないので傷が肛門の外側なので、日帰り手術には最適です。

最も簡単に日帰り手術が出来る症状となります。

肛門内部に出来た内外痔核の場合、1個2個な術後の痛みはそれほど残りませんので日帰り手術の対象となります。

しかし出血が多いと入院の可能性も出てきます。

入院をするのがどうしても無理だと言う場合、2回に分けて手術することも可能です。

程度が軽ければ手術時間も5分から20分という最短で終えることが出来るので、患者の負担の面からしても嬉しいものです。

しかし切れ痔の場合はこじらせて肛門が狭い状態になってしまうと日帰り手術は難しいので、これもよく検討しましょう。痔ろうにかんしては、原則浅いものは日帰りが出来ますが、殆どの場合は日帰りは困難な手術となります。輪ゴムをつかってセトン法と呼ばれるものは日帰りが可能となっています。

手術後は安静期間を自宅で過ごすことが出来るという日帰り手術のメリットは多数あります。力仕事などで力むことはできませんが、パソコンなどのデスクワークなら椅子にソファーを敷いて行うことが出来ます。

また入院するとその分入院費が発生しますが、日帰りの場合はそれがなく、コストの面からしてもリーズナブルで治療が出来ます。

しかし欠点もあり、後から出血する場合や傷の具合によっては自宅安静は必要となりますから、結局仕事を休むことになります。

痔は手術してもまた再発するから、といって放っておいている人も多いのですが、確かに痔は一度手術しても再発する可能性の高い病気です。それはひとえに生活習慣が変わらない場合に起こります。

ですから痔の手術を受けたら、生活習慣を今より変える必要があります。自分の生活スタイルが痔にとってよいものかどうかを一度振り返る必要もあります。

日帰り手術ではけして無茶をしてはいけません。重症である場合は入院手術のほうが痔の根絶が見込めます。また症状が軽いうちに痔の手術を受けると短時間で終わらすことが出来ますから、炎症がない、状態が落ち着いている時に受ける必要があります。

ライフスタイルを変え、食生活をしっかり野菜メインで摂っていれば食物繊維も多く摂れますし、何より排便習慣をつけることがまず第一です。

出なくても朝トイレに座る習慣をつけましょう。

スポンサードリンク