痔になりやすく、痔を持っている、または隠れ痔を持っているという女性は少なくありません。
そんな場合、痔を改善するためには第一に食生活を変える必要があります。
痔を酷くする原因の1つに辛いものが好きという女性が多いです。
実際痔の改善にはどんな食生活を送る必要があるのでしょうか?

痔に良い食事として、腸内環境と整えることが第一です。
つまり便秘、下痢にならないことが必要です。
ですからまずは食物繊維をたっぷり摂る必要があります。

毎食野菜サラダをもりもりいっぱい食べるようにしましょう。
またそれだけ食べられないという場合は野菜ジュースで補うようにしましょう。
身体を温めてくれる食材も有効で、ショウガを始めに、金時ショウガ、ウコン、たんぽぽコーヒーや玄米コーヒー、梅干し、ココアなどが代表的です。

また乳酸菌も腸内環境のリセットには適切ですから、1日ヨーグルト小さいものを1パックでも食べる習慣をつけましょう。

また味噌汁や漬物などにも乳酸菌がいますから、腸の働きをよくしてくれます。

そして最後に水分をしっかり摂る必要があります。
水分が少ないと便が固くなりますから、よけいに排便困難となります。
硬い便を出す際にりきむと肛門に負荷がかかりますから、また痔が再発したり、痔を悪化させる原因となります。

逆に控えるべき食品としてアルコールやコーヒー、牛乳、緑茶や冷えたたべもの全般がNG食材です。
冷えたものを食べると当然体は冷えますから、痔によくないのです。

そう考えると痔に適切なメニューと言えば和食メインの食生活になります。
発酵食品も含まれ、しっかりご飯を食べて便のかさを増やし、水分をしっかり摂ることで痔を改善していくことは出来るでしょう。

またビタミンCはしっかり摂取しましょう。
ビタミンCがなければ便は固くなりますから、排便困難になってしまいます。

便が固くなるのは痔にとってよくないですし、手術を受けた後も便通をよくするのは基本的なことです。
ビタミンCはサプリメントで補うと効果的です。

果物オンリーでビタミンCを摂取すると体が冷える可能性もありますから、サプリメントを有効利用するのも手段の1つです。

しかしタバコを吸っている女性はお肌のためにもよくないのですが、ビタミンCを大量に消費しますので、普段の人よりもっと倍量ビタミンCを摂取する必要があります。

これらの食事の注意を守りつつ、身体をぽかぽかに温めた和食メニューを中心に食生活を送ることで痔の緩和に繋がります。

スポンサードリンク